【今すぐ分かる】目を閉じたときに二重整形だとバレてしまう3つの原因

    「目を閉じたら二重整形したってバレちゃうかな?」

    「二重にしたいけど、周りの人にバレて注目されるのは嫌だ…」

    「目を閉じてもバレないようにするには?」

    二重整形に興味がある方で、このような悩みを抱えていませんか?

    結論から言うと、二重整形はバレにくい美容整形ですが、いくつかの原因でバレてしまうケースもあります。

    せっかく憧れの二重まぶたになったのに、整形がバレてしまって周りに色々言われる…なんてことになるのは嫌ですよね。

    そこで、今回は以下の内容を説明します

    • 目を閉じたときに二重整形だとバレてしまう原因
    • 二重整形だとバレないようにする方法
    • 二重整形後に使える言い訳・テクニック

    この記事を読むと、周囲に二重整形だとバレる確率はぐんと下がるので、ぜひ最後までお読みくださいね。

    この記事の監修者

    埋没二重整形専門 アーモンドクリニック副院長

    Kenta Umeki

    梅木 健太
    まるで生まれつきのような自然でナチュラルな二重。
    整形感を出しません。

    資格
    美容外科学会員
    内科学会員
    産業医
    日本救急医学会ICLSプロバイダー
    アメリカ心臓病学会BLSプロバイダー
    アラガン社ヒアルロン酸認定医
    アラガン社ボトックス認定医
    テストステロン治療認定医
    厚労省指定オンライン診療研修

    >>詳細のプロフィールはこちら

    二重整形のプロ
    目次

    目を閉じたときに二重整形だとバレてしまう3つの原因

    目を閉じたときに二重整形だとバレてしまう3つの原因

    二重整形だとバレてしまう原因は、主に3つあります。

    • ダウンタイムの症状が出ている
    • 二重幅や形が不自然
    • 傷跡が残っている

    ひとつずつ説明していきます。

    原因① ダウンタイムの症状が出ている

    二重整形がバレてしまう1つ目の原因は、ダウンタイムの症状です。

    ダウンタイムとは手術によるダメージが治まり、通常通りの生活に戻るまでの期間のことをいいます。

    ダウンタイム中は腫れやむくみなどの症状が出るため、その間に人と会うと二重整形がバレやすいです。

    しかし、期間中にまぶたのケアを適切に行えば、ダウンタイムの症状は早く回復します。

    ダウンタイムの過ごし方については、後ほど詳しく紹介します。

    原因② 二重幅や形が不自然

    2つ目の原因は、二重幅や形が不自然なことです。

    二重幅が広すぎたり形が歪だったりすると、顔のバランスがおかしくなり、整形がバレやすくなります。

    医師とよく相談して、自分の顔に合う二重デザインを決めることが重要です。

    原因③ 傷跡が残っている

    3つ目の原因は、まぶたに二重整形の傷跡が残っていることです。

    基本的に傷跡は、時間の経過とともになじんで目立たなくなります。

    けれど医師の腕が未熟だったり、施術で使った糸が太いと、いつまでも傷跡が残ってしまう恐れがあります。

    二重整形したとバレないためにも、実力のある医師を選びましょう。

    実力のある医師の選び方は、後ほど詳しく紹介します。

    目を閉じても二重整形だとバレないようにする4つの方法

    目を閉じても二重整形だとバレないようにする4つの方法

    ここからは、目を閉じても二重整形だとバレないようにする方法を紹介します。

    紹介する方法は次の4つです。

    • ダウンタイムの過ごし方に気をつける
    • 実力のある医師を選ぶ
    • 二重幅を広くしない
    • 埋没法を選ぶ

    それぞれ説明していきましょう。

    方法① ダウンタイムの過ごし方に気をつける

    ダウンタイムを適切に過ごせば、腫れや内出血などの症状が軽くなり、二重整形がバレにくくなります。

    期間中は、次のポイントを押さえて過ごしてください。

    1. まぶたを冷やす
    2. 枕を高くして寝る
    3. カリウムが多い食材を食べる
    4. 湯船には浸からない
    5. 激しい運動はしない
    6. コンタクトレンズは付けない
    7. クリニックから貰った薬を服用する

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    記事では「埋没法」での過ごし方を紹介していますが、「切開法」でも過ごし方はほとんど同じです。

    方法② 実力のある医師を選ぶ

    二重整形だとバレないようにするには、担当となる医師も重要です。

    腕のいい先生に施術してもらえば、二重整形だとバレない自然な二重をゲットできます。

    逆に未熟な先生を選んでしまったら、整形がバレるどころか、自分が希望したものとは違う二重になってしまう恐れもあります。

    実力のある医師を選ぶときは、クリニックのサイトやSNSなどで、次のポイントをチェックしましょう。

    • 執刀症例数は多いか
    • 施術写真を公開しているか(執刀直後や1週間後のもの)
    • 「この先生に頼んでよかった」という口コミがあるか

    もちろんカウンセリングに行って、どんな先生なのか実際に確認することも大切です。

    カウンセリングの際は、話しやすい先生か、施術のリスクや価格のこともちゃんと説明してくれるかをチェックしましょう。

    方法③ 二重幅を広くしない

    二重幅が広すぎると、まぶたに二重ラインが食い込んで、アンバランスな仕上がりになってしまいます。

    さらに二重幅を広めにした方は、狭くした方よりも腫れやすくなります。

    まつげから遠くなるほど、施術の負担が大きくなるからです。

    二重幅を選ぶときは、顔のバランスと照らし合わせて、医師とよく相談しながら決めましょう。

    方法④ 埋没法を選ぶ

    二重整形には、大きく分けて2つの施術方法があります。

    • まぶたの表面を切開して二重を作る「切開法」
    • まぶたを切らずに糸を通して二重を作る「埋没法」

    当然、埋没法の方がまぶたの負担は少ないです。

    傷跡やダウンタイムの症状が軽めに抑えられるので、施術方法は埋没法を選びましょう。

    さらに当院では、ダウンタイムを極限まで少なくする「シークレットコスメ法」という埋没法を採用しています。

    従来の埋没法
    シークレットコスメ法

    従来の埋没法では、まぶたの表側で糸を留めるので、糸玉や傷跡が目立ってしまうことがあります。

    けれど「シークレットコスメ法」ではまぶたの裏側で糸を留めるので、糸玉は出ず、傷も一切つきません。

    切開法か埋没法かで悩んでいる方は、埋没法を、特に「シークレットコスメ法」を選ぶことをおすすめします。

    二重整形後に使える言い訳・テクニックを8つ紹介

    二重整形後に使える言い訳・テクニックを8つ紹介

    ここでは、二重整形後に使える言い訳やテクニックを紹介します。

    「ダウンタイム中にどうしても人と会う約束が…!」

    「腫れや内出血を指摘されたら、なんて言い訳しよう…」

    このようにお悩みの方は、ぜひ活用してくださいね。

    言い訳5選

    二重整形がバレたくない方は、次のように言い訳して隠し通しましょう。

    • 「アイシャドウを変えてみたんだ」
    • 「虫に刺されてかぶれちゃったんだ」
    • 「昨日大泣きして腫れちゃったの」
    • 「花粉症なんだ」
    • 「逆さまつげの治療をしたの」

    逆さまつげとは、外向きではなく内向きに生えているまつげのことです。

    角膜が傷つくこともあるので、手術による治療が必要になります。

    逆さまつげの手術も埋没法で行われるので、二重整形の言い訳としてよく使われています。

    「アイシャドウを変えた」や「泣いて目が腫れた」という言い訳も使いやすいですね。

    どの言い訳でも挙動不審にならず、堂々と伝えた方が言い訳だとバレにくくなります。

    テクニック3選

    自分の目元を注目されたくない…という方は、次の方法を実践してみてください。

    • メガネやサングラスをかける
    • 前髪を伸ばす
    • アイメイクでごまかす

    メガネを着用するときは、フレームの太いものを選びましょう。二重ラインにフレームが重なるので、まぶたから視線を逸らすことができます。

    前髪を伸ばしたり作ったりすることで、二重ラインが目立たなくなります。おすすめは重ためのパッツン前髪です。

    アイメイクでごまかすのも有効な手です。
    基本的に施術3日後から、アイメイクをすることができます。

    ですが当院の「シークレットコスメ法」という裏留めの施術方法であれば、当日からのアイメイクが可能になります。詳しくは、当院の二重術メニューをご覧ください。

    まとめ|目を閉じても二重整形だとバレないようにしよう

    まとめ|目を閉じても二重整形だとバレないようにしよう

    この記事では「目を閉じたときに二重整形がバレるのか」という内容について紹介しました。

    最後に、本記事のおさらいをしましょう。

    基本的に二重整形はバレにくい手術ですが、いくつかの原因でバレてしまうケースがあります。

    • ダウンタイムの症状が出ている
    • 二重幅や形が不自然
    • 傷跡が残っている

    目を閉じたときに二重整形だとバレなくする方法は、次の4つです。

    • ダウンタイムの過ごし方に気をつける
    • 実力のある医師を選ぶ
    • 二重幅を広くしない
    • 埋没法を選ぶ

    二重整形後に使える言い訳・テクニックは次の8つです。

    言い訳
    • 「アイシャドウを変えてみたんだ」
    • 「虫に刺されてかぶれちゃった」
    • 「昨日大泣きして腫れちゃった」
    • 「花粉症なんだ」
    • 「逆さまつげの治療をしたの」
    テクニック
    • メガネやサングラスをかける
    • 前髪を伸ばす
    • アイメイクでごまかす

    記事の内容を実践すれば、周囲に二重整形だとバレる確率はぐんと下がります。

    ぜひ参考にして、整形だとバレない自然な二重まぶたをゲットしてくださいね。

    最後に、本記事を掲載しているアーモンドクリニックでは「シークレットコスメ法」という術式を取り入れています。

    目を閉じてもバレない、生まれつきのような二重を作り出す最新術式です。

    他にも「シークレットコスメ法」には様々な特徴があります。

    • 最短15分で終わる
    • 当日からメイクができる
    • ダウンタイムの症状が最小限に抑えられる
    • 二重の持続力が高い

    二重整形したことを周りに知られたくない、という方におすすめの術式です。

    診察・カウンセリングは完全無料なので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

    いつでもお待ちしております。

    目次