水光注射とヒアルロン酸の違いとは?施術の流れや向いている人、特徴など解説

    水光注射とヒアルロン酸の違いとは?施術の流れや向いている人も特徴も解説

    「水光注射って何?」

    「ヒアルロン酸注射との違いがよくわからない」

    水光注射に興味がある方で、このような悩みを抱えていませんか?

    水光注射は 小じわやハリ、乾燥などが気になる方へ プルプルの肌を実現する治療です。

    しかし、ヒアルロン酸注射も肌の保湿をするなど同じような性質を持っているため、違いが分かりにくく、迷って選べないという方もいるのではないでしょうか。

    今回の記事では水光注射とヒアルロン酸注射の違いや、どんな人におすすめかなどについて詳しく解説していきます。

    ぜひ最後まで読んで、参考にしてください。 

    この記事の監修者

    アーモンドクリニック技術統括医

    Kenta Umeki

    梅木 健太
    まるで生まれつきのような自然でナチュラルな仕上がり。
    整形感を出しません。

    資格
    美容外科学会員
    内科学会員
    産業医
    日本救急医学会ICLSプロバイダー
    アメリカ心臓病学会BLSプロバイダー
    アラガン社ヒアルロン酸認定医
    アラガン社ボトックス認定医
    テストステロン治療認定医
    厚労省指定オンライン診療研修

    >>詳細のプロフィールはこちら

    美容医療のプロ
    目次

    水光注射の特徴

    美容大国・韓国でも潤いのある透明感のある肌を手に入れられると人気のある施術です。

    専用のマシンがはんこ注射のようになっていて、均一にヒアルロン酸やエクソソームなどを注入します。

    肌の浅い層へ均一にムラなく美容成分を注入するため、内側から肌のハリや輝きを向上させる治療法です。

    乾燥肌やくすみ肌、小じわや毛穴などさまざまな肌悩みをカバーする特徴があります。

    水光注射とヒアルロン酸注射の違い

    水光注射とヒアルロン酸注射は、どちらもヒアルロン酸を使って治療を行いますが、違いがわかりにくいですよね。 

    それぞれ解説していきます。

    スクロールできます
    水光注射ヒアルロン酸注射
    使用するヒアルロン酸非架橋ヒアルロン酸架橋ヒアルロン酸
    (一部非架橋もあり)
    施術できる部位顔全体、首や手の甲気になる部位(ピンポイント)
    ほうれい線、涙袋、唇、目の下のクマ、あご、鼻、こめかみ、頬など
    注入する美容成分ヒアルロン酸、エクソソームなどヒアルロン酸のみ
    期待される効果顔全体の潤いと弾力ボリューム・立体感、シワの改善など
    施術時間30分15分
    ダウンタイム3日〜1週間1週間ほど
    費用水光注射×ヒアルロン酸 28,000円
    水光注射×エクソソーム 38,000円
    1ccあたり88,000円

    水光注射

    水光注射は、肌全体にうるおいを与えて、肌の弾力が増すといった効果が期待されます。

    治療に使われる美容成分は、ヒアルロン酸やエクソソームがあり、肌悩みに応じて選択可能です。

    専用の機器には、2cmほどの正方形に5〜9本の細い針がついています。

    この針がスタンプのように肌に均一に薬剤を注入するため、30分で施術を進めることができるのです。

    顔全体にアプローチできることから、肌のハリが気になる方や顔全体の小ジワを改善したいという方に試しやすくなっています。

    水光注射のメリットはダウンタイムが短く、仕事などで長期的な休みが取りづらくてなかなか美容ケアに時間をかけづらい女性にとっては強い味方です。

    また、施術前に麻酔クリームを塗るため、施術中の痛みが少ないという声もあります。

    ヒアルロン酸注射

    ヒアルロン酸注射は、針を使って気になる部位にヒアルロン酸を注入する方法です。

    ヒアルロン酸を注入する部位には次のようなものがあります。

    • ほうれい線
    • 涙袋
    • 目の下のクマ
    • あご
    • こめかみ

    悩みに合わせて部位を選択でき、施術は15分程度で可能です

    ダウンタイムはなく、施術直後にメイクができます。

    ヒアルロン酸注射で使われるヒアルロン酸の種類は、VOLUMA(ボリューマ)、VOLBELLA(ボルベラ)、VOLIFT(ボリフト)、VOLUX(ボラックス)などです。

    硬さや馴染みやすさが異なり、部位ごとに使い分けられます。

    水光注射の施術の流れ

    水光注射の流れは次のとおりです。

    STEP
    カウンセリング

    医師や看護師が直接お悩みを聞き、その方のお悩みに応じたオーダーエイド施術を行うため、薬剤や施術に反映させます。

    STEP
    洗顔・クレンジング

    施術前に、洗顔やクレンジングを行なっていただきます。美容成分を肌に浸透させるためです。

    STEP
    麻酔

    施術中の痛みを和らげるため、顔全体に麻酔クリームを塗ります。当院では、麻酔クリームも施術代に含まれています。

    STEP
    施術(注入)

    専用の機械で極細の針を使用して、美容成分を均一に注入していきます。針は9本もついているため、効率的に施術ができ、鼻周りや目の周りなどの細部にも施術可能です。30分ほどで顔全体の2周分、もしくは顔1周と首や手の甲との組み合わせの施術が行えます。

    施術後

    STEP
    施術後

    まれに針の跡や内出血、腫れや赤み、肌のでこぼこ感が現れることがあります。これらの症状は3日〜1週間ほどで落ち着くことがほとんどです。

    STEP
    アフターケア

    水光注射後に肌を落ち着かせるためには、ケアで保湿をすることが大切です。飲酒、入浴、運動などを避けたり、幹部にできるだけ触らないようにしたり、紫外線対策をしっかりと行います。ダウンタイムの期間は3日ほどと短く、長くても1週間ほどです。

    水光注射後の不安があれば、当院にお問い合わせください。

    水光注射やヒアルロン酸注射に向いている人は?

    水光注射は、肌にハリや光沢感が欲しい方、肌を若返らせたい方、シワや毛穴が気になる方に向いています。

    一方でヒアルロン酸注射は、鼻を高くしたい方やクマやほうれい線を目立ちにくくしたい方、唇や涙袋をぷっくりさせたい方などにおすすめです。

    よくある質問

    ここからは、水光注射についての質問に回答していきます。

    1回で効果を実感できますか?

    1回の施術でも効果は期待できますが、良い状態をキープしていくためには、1ヶ月空けて、3回行うと約1年持続が可能です。

    痛みはどのくらいありますか?

    ちくっと感じる程度です。施術前に麻酔クリームを塗るため、痛みについてはご安心ください。

    施術後にメイクはできますか?

    施術直後のメイクは、お控えください。翌日からメイクは可能です。

    まとめ|顔全体にうるおいを持たせるなら水光注射がおすすめ

    本記事では、水光注射とヒアルロン酸注射の違いや向いている人についてそれぞれ解説しました。

    水光注射に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にして、治療を選んでみてください。

    しかし、まだまだ選びきれない方や不安がある場合は、当院アーモンドクリニックの無料カウンセリングにお越し下さい。

    お客様一人一人に時間をかけてカウンセリングし、お悩みに基づいたオーダーメイド施術をいたします。

    公式LINEでもご相談を受け付けているので、状況に合わせてご活用ください。

    あわせて読みたい
    水光注射 【ありませんか?】 お肌にハリが欲しい 透明感が欲しい 肌を若返らせたい ツヤツヤ光沢肌にしたい 小ジワが気になる 毛穴が目立つ 乾燥してガサガサする 最新の水光注...
    目次