ボトックス注射の副作用に注意!内出血の原因と対策

    schedule2023.07.08 

    ボトックス注射の副作用に注意!内出血の原因と対策

    ボトックス注射は、しわやたるみ、筋肉の痙攣などを改善するために使用される注射で、美容や医療の分野で広く使われています。しかし、その副作用として内出血が起こることがあります。内出血は、注射部位が紫色になって腫れたり、痛みが生じたりすることがあります。

    本記事では、ボトックス注射による内出血の原因や症状、対策について詳しく解説します。また、内出血を予防するためにはどのような注意点があるのかも紹介します。

    この記事の監修者

    アーモンドクリニック院長

    Itsuki Nakayama

    中山 樹
    切らない美容医療で、あなたの魅力を引き出します

    資格
    美容外科学会員
    内科学会員
    産業医
    日本救急医学会ICLSプロバイダー
    アメリカ心臓病学会BLSプロバイダー
    アラガン社ヒアルロン酸認定医
    アラガン社ボトックス認定医
    テストステロン治療認定医
    厚労省指定オンライン診療研修

    >>詳細のプロフィールはこちら

    美容医療のプロ
    目次

    ボトックス注射による内出血の原因

    ボトックス注射は、神経筋接合部においてアセチルコリンの放出を阻害することで筋肉の収縮を抑え、しわやたるみ、筋肉の痙攣などを改善します。

    しかし、注射の際に注射針が血管に当たって皮膚の内部で出血が起こることで、内出血となることがあります。内出血は、注射部位が紫色になって腫れたり、痛みが生じたりすることがあります。

    ボトックス注射による内出血の症状

    ボトックス注射による内出血の症状は、注射部位が紫色になって腫れたり、、痛みが生じたりすることがあります。

    また、内出血が起こると、注射部位の周りに紫色の斑点が現れることがあります。内出血が軽度の場合、腫れも軽度で1週間程度で出血が吸収されてなくなります。

    しかし、内出血の程度が重い場合は、皮下血腫と言ってコブのように膨れ上がることがあります。もし注射部位がコブのように膨れ上がってきたら、医師に相談しましょう。

    close up of patient and doctor taking notes

    ボトックス注射による内出血の対策

    ボトックス注射による内出血を予防するためには、以下のような注意点があります。

    • 注射前に、医師に自分が持っている病歴やアレルギー、薬物治療状況(特に血液サラサラのお薬を飲んでいないか)などを正確に伝えることが重要です。これにより、医師は内出血のリスクを正確に評価し、適切な処置を行うことができます。
    • ボトックス注射の際に、血管に当たらないように細い針を使用するようにします。細い針は高価なため、オプション料金で追加できるクリニックが多いです。ALMOND CLINICでは最初から細い針を使用するためオプション料金がかかりません。
    • 注射後に飲酒や運動、入浴等の血行が良くなる行為を避けるようにします。血行が良くなることで止血されていた血管が開き、後から内出血が出てくることがあります。

    以上のような対策を行うことで、ボトックス注射による内出血を予防することができます。

    まとめ

    ボトックス注射は、美容や医療の分野で広く使われていますが、その副作用として内出血が起こることがあります。本記事では、ボトックス注射による内出血の原因や症状、対策について詳しく解説しました。

    ボトックス注射を受ける際には、内出血についての知識をしっかりと持っておくことが大切です。また、適切な対策を行うことで、内出血を予防することができます。

    熟練した医師であれば、ボトックス注射で内出血が起こる確率は低くなりますが、それでも完全にゼロにはなりません。

    ボトックス注射を受ける前に、医師としっかりと相談し、リスクを正確に評価することが重要です。

    目次