エラボトックスは頬がこける?原因とリスク回避方法を医師がわかりやすく解説

schedule2024.06.06 

エラボトックスをすると頬がこけて見えることがあると聞いたことがあるでしょうか?頬がこけて見えるのには、原因があります。

今回は、エラボトックスで頬がこけて見える原因やエラボトックスの注意点、クリニック選びのポイントを解説します。

この記事の監修者

アーモンドクリニック院長

Itsuki Nakayama

中山 樹
切らない美容医療で、あなたの魅力を引き出します

資格
美容外科学会員
内科学会員
産業医
日本救急医学会ICLSプロバイダー
アメリカ心臓病学会BLSプロバイダー
アラガン社ヒアルロン酸認定医
アラガン社ボトックス認定医
テストステロン治療認定医
厚労省指定オンライン診療研修

>>詳細のプロフィールはこちら

美容医療のプロ
目次

エラボトックスで期待できる効果

エラボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種であるボツリヌストキシンを咬筋に注入し、筋肉をやわらげて小さくすることでエラ張りの改善と小顔効果を目指す施術です。

メスを使わずに顔の広がりを抑えることができることや、治療後すぐに日常生活に戻れることがメリットです。エラや顔の大きさにコンプレックスを感じている方におすすめの施術方法です。

また、咬筋の筋肉を縮小させることで顎を動かしたり力を入れたりする力が減少するため、食いしばりや歯ぎしりの改善も期待できます。

食いしばりや歯ぎしりが習慣化すると、咬筋が発達してエラが目立つようになるだけでなく、肩や背中の筋肉にも影響を及ぼして肩こりや偏頭痛の症状が出ることがあります。そのため、エラボトックスで食いしばりや歯ぎしりが改善されると、それによって引き起こされる顎関節症や歯の摩耗、肩こりや頭痛などのリスクも低減できる可能性があるのです。

歯ぎしりや食いしばりの癖がある方にとっては、エラボトックスは小顔効果だけでなく、お顔とお口周りの機能的な改善をもたらしてくれる可能性があるといえるでしょう。

エラボトックスで頬がこけて見える原因

ボトックスの薬剤は筋肉の活動を抑制させるため、施術範囲が広すぎたり注入量が多すぎたりすると周囲の筋肉も影響を受け、頬がこけたように見える可能性があります

後述しますが、もともと頬のこけがある方や脂肪が少なく筋肉が張っている方など、個人の体質や顔の特徴によってこけて見えることがあります。

エラボトックス治療を受ける際は、これらを考慮して事前に医師としっかりと相談し、自分のお顔の状態や悩みに合った治療計画を立てることが重要です。

通常、カウンセリングではカウンセラーが対応することが多いですが、当院アーモンドクリニックでは、患者さんのお顔の状態に合わせた施術ができるよう、施術を担当する医師が最初からカウンセリングを行います。カウンセリングは無料で行っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

頬のこけが目立ちやすい人の特徴

では、エラボトックスの治療後に頬のこけが目立ちやすい方には、どのような特徴があるのでしょうか?ここでは、頬のこけが目立ちやすい人の特徴について解説します。

・頬に脂肪が少なく筋肉が多い方
・もともと頬がこけている方

頬に脂肪が少なく筋肉が多い方

エラボトックスで頬がこけやすい方は、筋肉が発達し、頬の脂肪が少ない方に多く見られます

下顎の骨は下顎骨(かがくこつ)といい、食べ物を噛んだり飲み込んだり、食いしばったり、声を出す際に動かしたりすることに関わっています。下顎骨には、動かすためにさまざまな筋肉がついています。エラボトックスが作用する咬筋も下顎骨についている筋肉です。

頬骨から下顎骨の出っ張りの辺りまでは、脂肪や筋肉で覆われています。この部分に脂肪が少なく筋肉が多くてエラが張って見えている方は、エラボトックスで咬筋のボリュームが減ることで頬のへこみが目立ってこけて見えることがあります。

咬筋の筋肉量が多く脂肪の層が薄い方は、この現象が目立ちやすいと考えられます。

もともと頬がこけている方

もともと頬がこけている方がエラボトックスを受けると、エラボトックスにより咬筋が小さくなることで、頬のくぼみがさらに強調されて頬のこけが目立つことがあります。

上述のように、頬の脂肪が少ない場合は頬のこけが顕著に感じられることもあるため注意が必要です。

「頬がこけやすいかもしれない」と心配な場合は

上記のような特徴に当てはまる方や、エラボトックスで頬がこけてしまうか不安な方は、まずは当院アーモンドクリニックの無料カウンセリングをご利用ください。無料カウンセリングでは、医師が心配な点やお悩みにお答えします。

また、アーモンドクリニックでは、ご来院前の事前相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。
アフターケアとしても、公式LINEで医師に質問していただくことができ、経過で気になることがあればご相談していただけます。

クリニック選びを失敗した場合に起こり得るリスク

エラボトックスで頬がこけて見えないように施術を受けるためには、体質や顔の特徴を考慮して医師と相談しておくことが重要です

では、しっかりと医師と相談せずに施術を受けてしまうと、頬がこける以外に起こり得るリスクはあるのでしょうか?ここでは、エラボトックスで頬がこけて見える以外のリスクについて解説します。

・ 効果が得られない
・ 食べ物を噛みづらい
・ 笑いづらい
・ 顔のバランスが悪くなる
・ 頬のたるみやほうれい線が目立つ

効果が得られない

エラボトックスの効果は、治療後数日〜1週間で変化を感じ始め、3〜4週間後には顕著に感じられるようになります。施術直後に効果が現れるわけではなく、時間経過とともに効果を感じていく施術です。

エラボトックスは咬筋を小さくすることで顔の形をスリムに見せる施術方法ですが、骨には影響しないません。そのため、骨格が外側に張っていたり、骨が大きかったり、骨格によりエラが張っている場合は、エラボトックスでは効果を期待しづらい場合があります。骨が原因でエラが張っている場合は、骨を削る外科的な施術を検討する必要がある場合もあります。

また、顎や頬に脂肪が多いと、エラボトックスの筋肉の縮小だけでは大きい変化がなく、効果がないと感じる可能性があります。

その他、人それぞれ骨格や筋肉の付き方が異なり、個人の体質によってはボトックスの効果が弱い場合もあります。こういった個人差が考慮されず、ボトックスの注入量や注入位置が適切でないと期待する効果を得られないこともあります。

そのため、骨格や筋肉の付き方など事前のカウンセリングでしっかりと医師による診断を受けることが大切です。当院アーモンドクリニックでは、カウンセラーではなく施術を担当する医師がカウンセリングを担当しています。そのため、細かなご要望までお伝えいただいたうえで診断を実施することが可能です。

食べ物を噛みづらい

エラボトックス治療の一つのリスクに、噛む力が弱まることがあります。

エラボトックスでは咬筋の働きを抑えるため、硬い食べ物を噛む際に力が入りにくくなり、食べ物を噛みづらいと感じることがあります。通常、この状態は数週間から数ヶ月で改善されますが、施術後の食事はやわらかい食べ物を中心にすると良いでしょう。

笑いづらい

咬筋の近くには口角を上げる筋肉があり、薬剤がその筋肉に影響を与えると笑いにくさや口角の上がりにくさを感じることがあります。

エラボトックスの薬剤がどのように影響するかには個人差がありますが、笑いにくくなってしまうのは医師の技術力によるところが大きく、咬筋だけでなく口角を上げる筋肉にもボトックス注射をしてしまっていることが原因です。

この状態は数週間から数ヶ月で回復しますが、笑いにくいと感じる場合は担当の医師に相談してください。医師に状態を診てもらうことで、次回以降の施術で注入位置や注入方法を変えて症状が出ないように対応してもらえる可能性があります。

当院アーモンドクリニックでは、アフターケアとして術後に気になることをすぐご相談いただけるよう公式LINEの窓口を設けております。
また、お悩みや施術についてのご不明点など事前相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

顔のバランスが悪くなる

顔の左右の筋肉の反応が均等でない場合、ボトックスの施術後に左右の筋肉が不均衡に縮小することがあります。その結果、フェイスラインの左右差で顔のバランスが悪いと感じる可能性があります。

筋肉の付き方などを考慮し、適切な注入位置と注入量で施術してもらうことが重要です。

頬のたるみやほうれい線が目立つ

エラボトックスの施術によって筋肉のボリュームが減少すると、皮膚が余って皮膚のたるみが生じる可能性があります。また、筋肉の動きが抑制されることで、施術後に皮膚が適応するまで不自然な皮膚のたるみが感じられることがあります。筋肉のサポートが不足することでほうれい線が目立つ可能性もあります。

これらのたるみやほうれい線は、次に紹介する糸リフトを併用することで軽減させることが可能です。

リスクを回避するには?

これらのリスクは、医師の技術不足や不適切な施術によって起こる可能性が高いものです。

当院アーモンドクリニックは、大手美容クリニック出身の豊富な経験を持つ医師・看護師のみが在籍しているため、さまざまな症例に対応することが可能です。

また、通常はカウンセラーが行うカウンセリングを医師・看護師のみが行い、患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術を提供しています。「安心・気軽さ」を大切にした美容クリニックなので、エラボトックスの施術を受けるのが不安な方は、一度お気軽にご相談ください。

エラボトックスと一緒に行うとより小顔効果が期待できる施術

エラボトックスに限らず、施術の効果の現れ方は人それぞれです。ここでは、エラボトックスと組み合わせて行うことで、より小顔効果が期待できる施術について解説します。

・ 糸リフト
・ 顎のヒアルロン酸注射

糸リフト

糸リフト(スレッドリフト)は、医療用の糸を皮膚の下に通し、たるみをリフトアップして顔の輪郭を引き締める施術です。エラボトックスと同じく切らない方法で、施術は短時間で完了することも多く、ダウンタイムも少ないとされています。
また、たるみ予防効果もあるため、たるみが出る前に施術する方も多いです。

糸は、6〜8ヶ月ほどかけて体内に吸収され、1年ほどたるみ予防やリフトアップ効果が続きます。糸が吸収されるときに皮膚内でコラーゲンやエラスチンが生成が促され、美肌効果もあります。

糸リフトは、使用する糸の太さや入れる糸の本数、医師の引き上げる具合や入れる位置で、仕上がり・持続力が大きく変わります。

当院アーモンドクリニックの糸リフト(アーモンドリフト)は、糸の質にこだわり、オプション料金なく、[高いリフトアップ力・柔軟性・持続力]を兼ね備えたNewPCLを採用したアーモンドリフトです。
引き上げ方や位置にもこだわり、医師が直接行うカウンセリングでのお悩みに加え、糸の引き上げ具合も施術途中で鏡を見ながら医師と一緒に決めていけるオーダーメイド施術です。

エラボトックスと糸リフトを組み合わせたお得なセット割引プラン「小顔美人セット」をご用意しておりますので、ぜひご確認ください。

顎のヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸には、肌に潤いやハリを与える保湿機能や、関節部分などのクッションや潤滑など関節の動きをよくする働きがあります。年齢とともに減少していきます。

美容効果を目的としたヒアルロン酸注射では、ヒアルロン酸を注入することでボリュームを改善し、シワやたるみを改善したり、唇をボリュームアップしたり、鼻を高くしたりするなどお顔のパーツや輪郭を整える治療としてご存じの方もいるでしょう。
また、ヒアルロン酸は水分を保持する能力が高く、注入された部位に存在する自己のヒアルロン酸と融合して皮膚にふくらみを持たせます。この効果で肌のハリや弾力性のアップ、シワの改善やボリュームアップなど、上記の効果を目指します。

ヒアルロン酸注射で小顔効果を発揮させるには、ボリュームアップ効果を応用して、顎に注射することで顔の輪郭を整えて、より小顔ラインを際立たせる方法もあります。

ヒアルロン酸注射の効果は即効性があり、施術直後から6ヶ月〜2年ほど持続するといわれています。持続期間は、ヒアルロン酸注射の製剤によって異なります。

当院アーモンドクリニックでは、持続力の高いアラガン社ジュビダームシリーズを採用しています。
また、より小顔を極めたい方のために医師が組み合わせた[エラボトックス・糸リフト・顎ヒアルロン酸]に、さらに顎のヒアルロン酸を持続しやすくするための[顎ボトックス]を組み合わせたお得なセット割引プラン「プラチナ小顔美人セット」をご用意しています。お得な価格でより小顔効果があるセットになっておりますので、ぜひご確認ください。

エラボトックスのリスクを避けるための方法

ここまで、エラボトックスのリスクや、エラボトックスと一緒に行うとより小顔効果を期待できる施術方法を紹介しました。では、エラボトックスの治療を検討する際、リスクを避けるための方法はあるのでしょうか?ここでは、エラボトックスの治療でできる限りリスクを避けるための方法について解説します。

・ 適量を注入する
・ 経験のあるクリニックを選ぶ

適量を注入する

先ほど解説したように、エラボトックスは患者さんの状態に合わせて適切な量を適切な部分に注入することが重要です。注入される薬剤の量は、事前のカウンセリングと診察で、個々の顔の特徴に基づき医師によって決定されます。

当院アーモンドクリニックでは、カウンセリングから医師が担当しますので、その方の筋肉量や位置を把握した上で一人ひとりに合わせた注入をすることが可能です。

経験のあるクリニックを選ぶ

エラボトックスのリスクを避けるためには、エラボトックスの症例が豊富なクリニックを選ぶことが重要です。

症例が豊富なクリニックではさまざまケースを経験しているため、患者さんの顔の特徴や効果の出方などに合わせて、より精度の高い治療が行われる可能性が高いといえます。また、予期せぬ副作用が発生した場合の対処もスムーズに行われることが期待できます。

薬剤の量や注入位置は医師の経験によるところが大きいため、施術を受ける際は経験豊富で信頼できる医師を選ぶようにしましょう。当院アーモンドクリニックは、医師・看護師ともに、大手美容クリニック出身のプロのみが所属しており、症例が豊富にあります。

信頼できるクリニックの選び方のポイント

では、クリニックを選ぶ際はどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?最後に、信頼できるクリニックの選び方のポイントについて解説します。

・ 使用している薬剤
・ カウンセリングの対応
・ アフターケアや保証制度
・ 使用している注射針の太さ

使用している薬剤

エラボトックス治療を受ける際には、使用される薬剤の品質が重要です。

クリニックを選ぶ際は、使用する薬剤が安全性と効果の両方で承認されているかを確認しましょう。薬剤の品質が良いものであれば、予期せぬ副作用のリスクを減らし、安全性の高い治療結果を得ることが期待できます。

当院アーモンドクリニックでは、薬剤を厳選しており、効果が高く、安全性が広く認められた二種類の薬剤のみを採用しています。
一つ目は、アラガン社製の「ボトックスビスタ」です。こちらは、日本で唯一厚生労働省の認可がおりていて、日本人に対する有効性・安全性が認められている製剤です。歴史も古く、世界中で使用されています。また、輸送・保管に際して厳密な品質管理がされているため安定した均一な効果を発揮できると言われています。
二つ目は、韓国製の「NABOTA」です。こちらは、韓国製の製剤の中で唯一、韓国食品医薬品安全庁(KFDA)とアメリカ食品医薬品局(FDA)両方の認可を取得しており、安全性・有効性が認められています。

カウンセリングの対応

エラボトックスは筋肉の状態によって効果が異なるため、筋肉の厚みや発達具合、骨の状態を確認し、どの程度の量の薬剤をどこに注入するか一人ひとりの状態に合わせた計画を立ててくれるかどうかが大切なポイントです。

そのため、

・ 流れ作業のようなカウンセリングではない
・ 医師ではないスタッフによるカウンセリングではない
・ 患者さんの悩みを聞くことを大切にしている

などカウンセリングを重視しているクリニックかどうか確認すると良いでしょう。

また、施術にはリスクや副作用があります。カウンセリングでは、得られる効果やメリットだけでなく、リスクや副作用もきちんと説明してもらえるかどうかも大切なポイントです。

当院アーモンドクリニックでは、通常はカウンセラーが行うカウンセリングを医師が担当します。患者さんのお悩みを直接聞き、筋肉量や位置などを確認したうえで、オーダーメイドな施術を提供しています。

アフターケアや保証制度

エラボトックスの結果には個人差があるため、施術後のアフターケアや必要に応じた修正対応などの保証もクリニック選びの重要なポイントです。

アフターケアが充実しているクリニックでは、施術後に腫れや赤みが生じた場合などにも適切に対処してもらえるでしょう。また、一定期間内に効果が出なかった場合や、予期せぬ結果になった場合の再施術にも対応しているかどうか調べておくことも大切です。

当院アーモンドクリニックでは、公式LINEで術後の相談を医師にすることが可能です。気になることや不安なことがあれば、いつでも相談ができる窓口を設けています
また、お悩みや施術についてのご不明点など事前相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

使用している注射針の太さ

注射針の太さはG(ゲージ)という単位で表され、数字が大きくなるほど注射針の太さは細くなります。

一般的な点滴や採血などで使用されている針は21~23Gであり、予防接種では24~26Gが多く使用されます。21〜26Gは、0.4〜0.7mmほどです。これに対し、ボトックス注射で使用される針は27Gか30Gの0.2〜0.3mmほどの細い針です。クリニックによっては、さらに極細な34Gで髪の毛と同じ程の0.18mmが使用されます。極細針を使用するにはオプション料がかかるところも多いので注意が必要です。

同じ治療でも、注射針の太さによって痛みや腫れ内出血が異なります。極細針では、痛みや腫れ、内出血が抑えられ、施術直後の注射の痕も目立ちづらくなります。クリニックによって使用している針の太さはさまざまなので、クリニックを選ぶ際には、エラボトックスでどの太さの針を使用しているのか確認すると良いでしょう。

極細針を希望する場合、追加でオプション料金がかかるクリニックが多いですが、当院アーモンドクリニックでは、オプション料不要で痛くない・腫れづらい極細針の34Gをすべての患者さんに使用して施術を行っています

まとめ

エラボトックスと頬のこけについて解説しました。

エラボトックスで頬がこけて見える原因としては、ボトックスの注入位置や量が適切でないため周囲の筋肉が影響を受け、頬がこけたように見えることが考えられます。また、もともと頬がこけている方や脂肪が少ない方など、個人の体質や顔の特徴によってこけて見えることもあります。

エラボトックスの特性やリスクを理解し、場合によっては糸リフトやヒアルロン酸注射と合わせた治療法も検討しながら、担当の医師と相談して顔の状態に合った施術計画を立てることが大切です

エラボトックスは、良いクリニックや医師に施術してもらうことでリスクを回避することができ、小顔などの効果を得ることができる施術方法です。クリニックで使用している薬剤やカウンセリングが丁寧でアフターケアや保証が充実しているかに注意して信頼できるクリニックを選ぶと良いでしょう。

当院アーモンドクリニックでは、切らない美容施術にこだわり『安心・気軽さ』を大切にしています。

アーモンドクリニックのエラボトックスがおすすめな理由

  1. 通常カウンセラーが行う「無料カウンセリング」を【”医師のみ”で行う】
  2. 医師が直接お悩みを聞き、その方の筋肉量や位置を把握するため、″オーダーメイド″のボトックス注入
  3. オプション料金なく、皆様に″極細針″を使用し、痛みや腫れ・内出血が最小限
  4. アフターケアとして、術後お気軽に公式LINEでご相談が可能
  5. 料金はクオリティをあげるセットを全て含む(極細針・技術料等)価格でホームページ記載のとおり

その他の安心ポイント

  1. 全て切らない施術で傷跡なく、メイク感覚で理想へ近付けるメニューのみ
  2. カウンセリングが施術者(医師・看護師)でオーダーメイド
  3. オプション料なしでこだわりのセット価格
  4. 完全予約制の個室で、待ち時間ほぼなし
  5. 医師・看護師ともに、大手美容クリニック出身の症例豊富なプロのみ
  6. 地域最安値
  7. 勧誘なしで、料金はホームページ記載のとおり
  8. 公式LINEでお気軽にご相談ができるアフターケア込み

治療経験が豊富な医師が在籍し、丁寧なカウンセリングで、仕上がりへの不安が大きい方も安心して施術できるようサポートしています。エラボトックス治療を検討されている方は、ぜひアーモンドクリニックへご相談ください。

当院へのアクセスご案内
JR中央・総武線/都営新宿線 市ヶ谷駅 徒歩2分
東京メトロ有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 徒歩1分
(新宿駅から6分、東京駅から12分、池袋駅から11分)

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町11-1市ヶ谷八幡町ビル 4F
診療時間:10:00~18:00 (不定休)

参考文献
https://almond.clinic/botox/
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/biyo2v.pdf

目次